中国から持ち込まれは麺

中国の四川省北部、ネパール、インド北部、ブータンなどでも麺料理はあります。トゥクパ、日本のうどんに似ています。比較的あっさりとしたスープで、野菜やヤクの肉などを入れて食べます。テントゥックは、平たい麺でうどんのようなものです。ブータンには、プッタと呼ばれるそばの粉をこねて作った麺があります。これを機械に詰めて押し出して細い麺を作ります。ブータンにもトゥクパはあり、上記と同様のうどんのような麺で、小麦粉から作ります。バツウは、日本のほうとうの様なあつい幅広の麺に、干し肉や油で揚げた肉などがのっています。ネパールのトゥクパは、小麦粉と卵、水、または茶を混ぜて練ります。それを薄くばして包丁で細く切ります。塩、唐辛子で味付けした野菜と肉のスープで食べます。ネパールのチャウチャウも小麦粉と卵を混ぜて作ったものです。ネパールにも中国の炒麺に極めて近い焼きそばもあります。味のベースは醤油、塩等です。