アジアの麺文化ルーツは中国にあり

アジア西部から中国に伝わり変貌を遂げた麺は、中華麺として中国だけではなくアジア、日本でも人気を得ることになります。小麦粉にアルカリ塩水溶液をj加えることにより、黄色を帯び、やや縮れた感じの麺としたのが中華麺です。中国麺はさっと茹でてスープと共に、あるいは野菜などと共に炒めるなどの調理をされます。こしの強いところが日本人に受けたのでしょうか、今では本場の中国よりも中国麺は日本では多く食べられています。中国麺はその製法jにより分類をされます。小麦粉を練ったものを手だけで、一切の道具を使わずにのばしてゆく、いわゆる手のべ製法です。細い麺へ変化させていく様は職人技です。日本のそうめんの製法と同類なスタイルは、小麦粉を練ったものを細くのばして油をぬります。それを2本の棒に巻きつけてから引っ張ってのばす。糸のように細くします。そして、薄く紙状にのばした生地を包丁で細く切ってゆく製法は、日本のうどんの製法と同じです。また小麦粉以外の原料を使用する場合に用いられる製法で、容器に生地を詰めて小さな穴から生地を押し出す製法は、ビーフンなどの製造にも用いられます。中国麺は日本でラーメンとして大変な人気を博しました。