ヨーロッパ有数の美食の国では、

フランスには、そばの粉に卵、塩、水、牛乳などを混ぜてしばらくねかせた生地を焼いたがレットと呼ばれるものがあります。クレープとは違って片面だけを焼いて、上にチーズや卵のせたりソーセージを巻いたりします。これも本来の麺(ヌードル)とは、単に原料が同じだけで全く違ったものです。フランスは、美食の国で自国でさまざまな料理を提供していますが、麺料理はイタリアや中国のものでフランス独自の麺の料理は残念ながら見当たらないようです。しかし、イタリア料理もうまく取り入れ、各種パスタを使ったフランス料理もあり、またフランス人そのものは、麺類も食べていてパリの街にはアジア系の麺を食べることが出来るレストランが沢山あります。フランス料理はもともと色々な面で、お隣のイタリアの影響を多く受けていると言います。上記のガレットと同様に見るとクレープもフランス版の麺かもしれません。美食の国、フランスでは他国の麺料理もうまく取り入れています。