夏の涼を誘う麺

ひやむぎは、日本食の一種で、うどんから分かれたもののようで、主に寒い時には暖かいうどんを、暑い時には冷たいひゃむぎを食べるようになりました。小麦粉から作る乾麺で、東日本ではソーメンよりひやむぎが多く食べられているようです。北海道ではクロレラを混ぜた緑色のひやむぎも作られています。ゆでてからぬめりを取るために水洗いをして、冷やして、刻みねぎ、生姜などの薬味の入った麺つゆに付けて食べます。暑い夏には涼を誘います。ソーメンも、同じく冷たくして食べる夏の食品で、小麦粉に塩、水を混ぜて練ったものに油や、でんぷん等をぬって引き伸ばしたものです。ひやむぎと極めて似ていますが、ひやむぎより細く、手のべが主流で、東日本より西日本で多く食べられます。そのためその産地も西日本に多いです。兵庫県、奈良県、小豆島、長崎県などがその産地です。ひやむぎ同様に冷やして、刻みねぎ、生姜などの薬味の入った麺つゆに付けて食べます。ひやむぎとソーメンの明確な区別は、一般消費者にはつけにくい部分もあります。